ラザールダイヤモンドをプレゼントして愛を育もう

結婚の約束の証

男女

一生の記念の品として

婚約指輪と結婚指輪の違いはご存知でしょうか。婚約指輪は、結婚を決めた男性がその証として女性に送る指輪のことです。プロポーズや結納の時に渡すことが多いようで、結婚の約束の証といえます。一方、結婚指輪は、結婚をした証として二人がそれぞれに身につける指輪のことです。ペアで揃えるのが一般的です。ですから、婚約指輪は女性にとっては一生の記念の品といえるものとなります。できるだけ、女性の好みを踏まえて選びたいものです。婚約指輪はダイヤモンドをあしらったものが定番となっていますが、基本のデザインスタイルがいくつかあります。定番のスタイルといわれているのが、ソリティアというデザインで、1粒のダイヤモンドを印象的にあしらったものです。シンプルな型といえ、ダイヤモンドの質が一番のこだわりとなるデザインです。また、メレというデザインは、センターの石の周りに小粒のダイヤをちりばめたものです。その他、石畳のように小粒のダイヤモンドを敷き詰めたパヴェ、全周にとぎれなく石が留められたものは、永遠という意味のあるエタニティというデザインになります。また、結婚指輪と重ねてつけられるセットリングというものもあります。結婚後の婚約指輪は特別な日だけ着用し、その他は大切にしまっておく、という人が多かったのですが、最近は婚約指輪も日常使いができるデザインを好む傾向があり、そのようなニーズに合わせたデザインを販売するブランドも多いです。一生の記念の品となるものなので、納得のいく指輪を選ぶようにしましょう。