ラザールダイヤモンドをプレゼントして愛を育もう

二つの幸せを迎えます

指

様々な結婚感があります

結婚に対する価値観が多様化してきている現在、妊娠と結婚の二つの喜びを同時に迎えることができるカップルも少なくありません。今までは「できちゃった結婚」と呼ばれていましたが、「授かり結婚」という前向きな呼び名が定着してきています。授かり結婚の場合、プロポーズのタイミングはそれぞれのカップルに委ねられることになりますが、女性の本音は「けじめはきちんとつけて欲しい」というものです。結婚式を行わず、結婚指輪の交換や写真撮影のみにするカップルも多いですが、その場合でもプロポーズはきちんとするようにしましょう。もちろん、結婚指輪や結婚式、今後の生活や出産費用のことを考えると婚約指輪はいらないのではないかというカップルも多いでしょう。その場合は二人で良く話し合って決めるという選択肢もありますから、お互いの気持ちをきちんと理解することも大切です。婚約指輪を渡したり、プロポーズをするタイミングとしては、妊娠がわかったあとがベストだと言われています。このタイミングを逃してしまうと、結婚式や出産を迎えるまでお互いに忙しい時期になってしまうのです。結婚式を行う場合は、お互いの両親への挨拶の際にだいたいの日取りや段取りを決めてしまうほうが良いでしょう。結婚式を執り行う時期は、女性が安定期を迎える5ヶ月から6ヶ月、体調が優れない場合は7ヶ月から8ヶ月くらいが最適です。いずれも女性の体調を最優先して考えるようにし、結婚指輪を選ぶ際も、女性の体調が安定しているときを選んで下さい。結婚指輪の予算はだいたい10万円から30万円と言われていますが、授かり結婚の場合は、今後の生活を考えて予算を控えめにするカップルも増えています。